<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

今度はナンバー・スネーク

懸賞 2007年 11月 26日 懸賞

この半年、「賢くなるパズル」にのめりこんでいたTeddy。とうとう上級編にたどりつきましたが、3級の最後の問題で躓いてしまった様子。流石に上級になると難しくてなかなか先に進めないようです。大人がやっても相当時間がかかるので無理もありませんが、せっかく数字のパズルの楽しさが分かったのにここで止めてしまっては勿体無い。
そこで、今度は新作のナンバー・スネークを買ってみました。

これも数字のパズルですが、「賢くなるパズル」とはちょっと違うタイプです。
Teddyも目先が変わったことで、またちょっとやる気が出てきた様子。でもこれも相当手強いパズルです。Teddyと競争すると、私が負けてしまうこともあります(恥)。

宮本先生の教育方針は「自分で考える力を養うこと」
宮本先生曰く、算数力とは「情報を条件を取捨選択する能力」と「条件を整理する能力」であり、これらは自分にあった生き方を模索するために必要な力なのだそうです。学習することの本質を突いており、これには「なるほど~」と納得してしまいました。
宮本先生の学習方法なら、論理的考察力や問題解決能力も身に付くかもしれません。
確かに、大人の社会では仕事をするうえで、問題解決能力はとても重要ですが、これはPC操作方法と違って簡単に身に付くものではありませんから、幼い頃からの訓練が大切なのでしょう。我が身を思い返すと、公式の暗記と単調な計算問題の繰り返しで算数嫌いになったような気もします。だから思考力の乏しい大人になってしまったのかなぁ~(~_~;)。
やはり子供には親を超えてほしいと思うものなのですね。
[PR]

by takekuraemi | 2007-11-26 14:15 | 頭の体操

GRAMERCY NEWYORKのロールケーキ

懸賞 2007年 11月 21日 懸賞

昨日は久しぶりに玉川高島屋へ行ってきました。
タマタカへ行きたかった理由の1つはグラマシーニューヨークの「和栗と和三盆のロールケーキ」を食べてみたかったこと☆
去年Downyさんのブログで拝見し、「是非食べてみたい!」と思ったのですが、買いに行ったら商品が入れ替わっている!!店員さんからは「生憎昨日で販売を終了しました。。。」との悲しい説明をいただきました。
そこで今年こそは!とリベンジで買いに行った次第。1年間も覚えているなんて、我ながら食べ物の恨みは恐ろしい、と実感してしまいました。

b0001326_2222470.jpg1年待っていただいた「和栗と和三盆のロールケーキ」は期待以上に美味しかったです。
スポンジはしっとりなのにフワフワ。クリームは牛乳の香りがして良質だと分かるクリーム、でも食べるとあっさりしていています。見た目はボリュームたっぷりなのに、いくらでも食べられてしまいそうなケーキでした。

このロールケーキにクリスマスのデコレーションをしてブッシュドノエルを作ったら美味しいクリスマスケーキになるだろうなぁ。12月末まで販売してくれることを祈ります!
[PR]

by takekuraemi | 2007-11-21 22:22 | 美味しいもの

HAPPY BIRTHDAY APPLE!

懸賞 2007年 11月 16日 懸賞

昨日、Appleが無事に1歳の誕生日を迎えました。
風邪をぶり返し、小児科通いから始まった1日でしたが、日中はポカポカ陽気の中東京都庭園美術館へお散歩に。
b0001326_205426.jpg

夜は家でお祝いをしました。
b0001326_2052586.jpg

メニューはAppleも食べられるよう、シーフードドリア。大好きなチーズも。
大人はボジョレーヌーボー(昨日が解禁日でしたね♪)で、子供たちはグレープジュースで乾杯!
ケーキは生クリームがあるとAppleが食べられないと思ったので、バナナケーキにしました。炊飯器で作る簡単なケーキなのですが、なかなか美味しくできてビックリです。これなら頻繁に作れます。
上に溶けない粉砂糖を振り、チョコペンでデコレーションしたシンプルなもの。来年はもうちょと凝ったケーキを作れるかしら?


プレゼントは4 in 1 ウォーカーです。
1台で、ひっぱる、押す、乗るの他に箱の中に物を出し入れできる、というもの。
1週間ほど前にようやく人並みのハイハイができるようになったAppleは、まだ1人で乗ることもこぐこともできませんが、新しいおもちゃのBOX部分に興味深々でした。

たくさんの人に「おめでとう」とお祝いの言葉をいただいたApple。
みなさんに愛され健やかに成長していることをとても幸せに感じています。
[PR]

by takekuraemi | 2007-11-16 11:50 | Apple成長記

WFP 学校給食プログラム

懸賞 2007年 11月 12日 懸賞

私の勤務先では、現在WFP(国連世界食糧計画)への寄付を検討しています。
WFPでは学校給食プログラムを実施しており、世界の貧しい国で飢餓に苦しんでいる子供たちに、学校で給食を支給することによって飢餓から救おうという取り組みを行っているのです。

学校給食プログラムによって次のような効果があるそうです。
①就学率と出席率が著しく向上する。
 サハラ砂漠以南のアフリカ32カ国では、女子は28%、男子は22%も就学率が上昇したそうです。
②空腹が満たされれば児童は学習に集中できるようになる。
 知識を得ることは豊かな生活を送るための足がかりになります。
③子供たちは少なくとも1日1回は栄養価の高い食事を取ることができる。
 家ではほとんど食事ができない子供が沢山います。
④家にいることが当然とされていた女子にも学習の機会が与えられる。
 識字率の低い女性の多い地域では、出席率が300%近くも上昇した学校があるそうです。
⑤親も子供を働かせるより、通学させることを選ぶようになる。
 家庭では常に食糧問題を抱えていますが、通学させることによりその問題がなくなります。

幸せなことに、我が家の子供達は飢えに苦しむ体験をせずにすくすく成長していますが、時々TVで飢餓のため骨と皮だけになったアフリカの子供たちの姿を見ると、できるものなら今私たちが食べている食事を分けてあげたい、という遣り切れない気持ちになります。子供を持ってから、そう思う気持ちは以前よりも強くなりました。
b0001326_21404937.jpg
学校給食プログラムについて調べ始めたら、たまたま電車の吊り広告でWFPの広告を見つけました。今はキャンペーン中のようです。

たった20円で子供に栄養価の高い食事を1食与えられるそうですし、目的が明確な寄付であれば寄付する側も安心です。
クレジットカードでも簡単に寄付できるそうです。我が家でも夫と相談して少し寄付をしてみたいと思っています。

ご興味のある方は是非WFPの活動を覗いてみて下さい。日本にもNPO法人があります。
[PR]

by takekuraemi | 2007-11-12 21:46 | 日本での生活

実力で憧れのDSをget!

懸賞 2007年 11月 07日 懸賞

11月4日(日)はTeddyにとって今までの努力の成果が問われるとても重要な日でした。
1年前からニンテンドーDS Liteを欲しがっていたTeddy。
でもただで買ってあげては有り難味がないので、「児童英検のGOLDで満点が取れたら買ってあげる」という約束で、この数ヶ月私と公式問題集を繰り返しやって頑張ってきました。1年半前はBRONZEを受験し、満点だったので自転車を買ってあげたのですが、今回はSILVERをスキップしてGOLD。練習問題ではついついうっかりミスをしてしまうこともしばしばだったため、「満点は無理かもしれないけれど、1~2問程度のミスだったら買ってあげよう」と思っていました。
そして本番当日。残念ながらこの日はAppleが発熱したため主人に同行してもらうことに。折角頑張ってきたのだから、少しでも良い結果を残して欲しい、という気持ちで、私も少しドキドキしながら見送りました。

試験が終わって暫くすると、主人の携帯から連絡が入りました。
「満点だったよ!」
試験終了後に問題と回答が配布され、答え合わせをした結果(たぶん)満点だったということが分かったのです。
正直驚きました。そしてホッとし、喜びがこみ上げてきました。
これでTeddyも堂々とDSを買ってもらうことができます!

そしてとうとう昨日、憧れの白いDSをget。ソフトはポケモンのパールというもの。何やら、お友達とキャラクターの交換ができるのだそうです。我が家ではポケモンのTV番組も見せていないのに、何故かキャラクター名や特徴を良く知っているTeddy。学校でお友達に教えてもらうのでしょうが、すぐに覚えてしまうなんて、子供記憶力ってすごいですねー。
帰宅後は私が説明書を読んでやり作を教えながらも、早速楽しそうに遊んでいました。頑張った結果のご褒美ですから、喜びもひとしおでしょう。
正式な結果が返ってきた時に「実はたくさんミスしてた」なんてオチがないといいのですが。。。

時々、Teddyに対しては難しいtaskを与えすぎているかな、と思うこともありますが、今のところ嫌がることもなく楽しんでやっている様子ですし、ちゃんと結果を残しているので、まあ、良しとしましょう。

さて、私ですが、子供達が寝静まった頃に始めたのが、、、逆転裁判
職場の同僚に薦められて買ってみました。
冤罪を着せられた被告人の新米弁護士が、証拠品をもとに証人の証言の矛盾を突いて裁判で被告人の冤罪を晴らすという内容です。Teddyには1日30分の制限を設けているのに、私は気づいたら夜の12時近くになっていました。。。(^_^;)
[PR]

by takekuraemi | 2007-11-07 22:31 | 頭の体操