<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

ASO チェレステ

懸賞 2006年 07月 30日 懸賞

昨日は高校時代の友人6名でランチをしました。
場所は玉川高島屋に入っているASO チェレステ。内装デザインの仕事をしている友人の一人が手がけたお店なのだそうです。
リストランテASOと言えば、代官山の有名なレストラン。でも週末は混んでいるしウェディングも多いし、お値段も高め。行ってみたいと思いつつもなかなかチャンスがありませんでした。そのASOのカジュアル版が二子玉川にできたということで、今回行かれるのをとても楽しみにしていました。
カジュアル版といっても、店内はガラスを沢山使ったとてもゴージャスな雰囲気。席もゆったりしています。ワインが2000本入るという大きなワインセラーもインパクトのあるインテリア。

お料理もとても凝っていたし美味しかった!
プリフィックスの中から私が選んだのはこちら。

アンティパストには、水蛸と手長海老 パプリカとアボカドの2種ソース
蛸が柔らかかった♪
b0001326_8375260.jpg


プリモピアットには、蟹とドライトマトとブロッコリーのスパゲッティ
鮮やかな緑はブロッコリーの色です。
b0001326_8432096.jpg


既にお腹いっぱいになったのですが、やっぱりドルチェは欠かせません。
エキゾチックなマンゴープリン エスプレッソの香り
マンゴーの実もたっぷり入っていて、これは絶品!コーヒーも粉末をちょっと付けると、またちょっと違った風味になります。友人が気を利かせてくれ、私のためにちょっとしたサプライズも用意してくれていました。
b0001326_8492114.jpg


ASOチェレステ、お店の雰囲気も店員さんの対応もお料理も素晴らしく、また行きたいお店となりました。
[PR]

by takekuraemi | 2006-07-30 08:53 | 美味しいもの

プレスクール同窓会

懸賞 2006年 07月 28日 懸賞

我が家が帰国してから1年が経ちましたが、同じ時期にプレスクールでご一緒していた日本人のご家族が相次いで帰国されていたので、この1年の間にも何度か個別にLA時代の友人と会っていました。
が、昨日は今もLAに住んでいる友人2人の一時帰国に合わせて、当時のお友達が全員集合したのです。子供13人、大人8人の総勢21人という大きな同窓会になりました。
お台場のレストランの個室で賑やかなランチを済ませた後、お台場海浜公園へ。
b0001326_9512473.jpg
最初はこんな風に遠慮がちに砂浜で遊んでいた子供たちも、時間が経つと衝動を抑えきれず、洋服のままジャブジャブ海の中へ。ズボンもシャツもパンツもスカートもサンダルもずぶぬれになって遊んでいました。

着替えを持ってきていないママ達は急いで着替えを買いに行く羽目に(涙)。
それでも楽しそうに遊んでいる子供達の姿を見ると、「ま、いっか」と思ってしまうのです。

b0001326_9584865.jpgTeddyの収穫はこれ。ここでは潮干狩りができるようです。
食べるために生きているあさりを選んだようなのですが、流石に持って帰るのはやめ、海に返してやりました。

今日集まった皆さんとは、たった2年弱一緒だっただけなのですが、海外での時間は日本での時間よりも濃いのを感じます。1人も欠席することなく全員集まったということは、他の方も私と同じように感じているのでしょう。
今後も定期的にこんな風に集まれたらいいですね。
[PR]

by takekuraemi | 2006-07-28 10:01 | Preschool

食品再考

懸賞 2006年 07月 22日 懸賞

b0001326_13375563.jpgマドンナのプライベートシェフ、西邨 まゆみさんがマクロビオティックについて書いた本、「小さなキッチンの大きな宇宙」と、hysyukoさんが紹介していた「食品の裏側」を立て続けに読んだ私。自然な食品を食べることの大切さと添加物の恐ろしさを改めて実感し、食品を選ぶ際にはもうちょっと注意しなければ、と反省したところでした。
最近、買い物の際には必ず袋の裏側を見る癖がついてしまいました。すると、生協で買い物しても、ソーセージやハム、パン等ちょっとしたものにも必ず添加物が入っているのに気づきます。驚いたのは、コンビニやスーパーで売っているおにぎりにでさえ添加物が入っているのです(もう買わないぞ!)。現代社会においては、完全に食品添加物を避けた食生活を送るのはほとんど不可能な状態なです。
そこで、「じゃあ、極力便利なインスタント食材を使わずに手作りしよう」という発想で、早速やってみました。
 
         おやつにココアマフィンを作ったり
b0001326_1353507.jpg

              パンを焼いたり
b0001326_13541877.jpg
b0001326_13542655.jpg

最近はご飯は玄米と白米を半々にして炊いています。(香ばしくて美味しい♪)
現在、パスタやうどんも作れるホームペーカリーの購入も検討中。

動機が単純なのでどれだけ続けられるか不安なのですが、これも食育の1つと思い、夏休み中の息子を巻き込んで一緒に楽しみたいと思います。
[PR]

by takekuraemi | 2006-07-22 14:00 | 美味しいもの

100点だったよ!

懸賞 2006年 07月 18日 懸賞

Teddyは6月下旬、現在通っている英会話スクールで児童英検を受けました。本来この英検は小学生向けのものなので、個人で受ける場合は小学生以上でなければならないのですが、英会話スクール等の団体で受験する場合は未就学児でも受けられるのです。
試験は難易度の高い順にGOLD,SILVER,BRONZEと3種類あるのですが、「上のレベルも受けられるけど、満点に近いところを狙って自身をつけた方がいい」という先生の薦めもあったことと、試験というもの自体Teddyにとっては初めての経験だったため、今回は一番下のBRONZEを受験することに。

そこで、満点を取ることを目標に、スクールでの事前対策授業と自宅での勉強をこなして、万全の体制で試験に臨みました。
今回満点にこだわっていたのには理由がありました。100点満点が取れたら、新しい自転車を買ってもらえることになっていたのです。ここで満点を逃したら、自転車は次の誕生日まで待たなければなりません。Teddyも真剣だったことでしょう。

試験当日は「1つ間違えたかも~」と複雑な表情で帰ってきたTeddy。あとは祈るばかりです。

そして昨日迎えに行ったとき、Teddyが私の耳元でささやきました。「100点だったよ!」
やはりどんなにできる子でも試験ではうっかりミスをしてしまうもの。なかなか100点を取るのは難しいようで、このスクールでも今回100点を取ったのはTeddy1人だったそうです。
「やったね!!よく頑張った!」
b0001326_113539100.jpg

担当の先生からcertificateをもらう姿も嬉しそうです。

その後のランチは本人の希望でハンバーグとなりました。場所は、以前、夫と良く行ったレストラン、木かけ茶屋
b0001326_11401111.jpg

Teddyが生まれてからは初めて行ったのですが、昔以上に人気が出たのか、とても混んでいました。でも目もお腹も心も大満足のひと時となったのでした。
[PR]

by takekuraemi | 2006-07-18 11:42 | Teddyくん、今日のヒトコト

サマースクール

懸賞 2006年 07月 16日 懸賞

Teddyの通っている幼稚園では、年長組だけ毎年夏休み前に、サマースクールと称したお泊り保育があります。1泊2日の箱根旅行。おじいちゃん、おばあちゃんのお家にお泊りしたことはあるけれど、お友達と一緒にお泊りするのは初めてのTeddy。最初は「みんなでお風呂に入るのが恥ずかしいから、僕行かない」などと言っていたTeddyも、配布されたスケジュールを見た時から、この日が来るのを心待ちにしていました。地球博物館、キーホルダー作り、海賊船に乗船、ホテルでのゲーム、温泉、キャンプファイヤー、お買いものごっご等々イベント盛りだくさんで、楽しくないわけがありません。
b0001326_7544890.jpg
当日は朝7時半に駅集合。通常でも車で30分かかる駅なので、5時50分に起き、6時20分に家を出たのですが、いつもはなかなか起きないTeddyもこの日ばかりはパッとおきてテキパキ身支度。
駅では別れが悲しくて泣いている子もいましたが、Teddyは笑顔でバイバイできました。
天気にも恵まれ(暑すぎるくらい)、きっと楽しい旅行になることでしょう。

そして昨日。久しぶりに静かな1日を過ごした私たちは、お迎えのために再び駅へ。きっと疲れて帰ってくるんだろうなぁと想像しながら待っていると、改札から出てきたのは案の定笑顔のない疲れきった表情のTeddy。今朝も6時起きで、ずっとはしゃぎぱなしなのですから、当然です。それでもママと話すと安心したのか、元気を取り戻したTeddyは、車の中でも寝るどころかずっと楽しかった想い出を話しまくっていたのでした。

一番言いたかったのがお土産のこと。「お買い物ごっこ」と称して、ホテルの特設売店で1人400円のお小遣いを使って家族にお土産を買うという時間があったのです。Teddyにとっては初めてのお買い物。きっとあれこれ迷いながらお土産を決めたことでしょう。
「あのね、みんなに1つずつあるんだよ。ママのはスペシャルだよ。ママはすぐに疲れちゃうから、気持ちのいいものだよ」と早くお土産を見てもらいたい様子。
帰宅して袋を開けると・・・
b0001326_863633.jpg
じゃ~ん、ママへのお土産はツボ押しでした!
確かに気持ちがいいです。ありがとねー!大事に使うよ☆
因みにパパと自分へはキーホルダーを1つずつ。
パパはそれを携帯に付けています。

私が初めてイベントで外泊したのは5年生の時でしたが、今では多くの幼稚園でお泊り保育を実施しているようです。ちょっと早すぎるのでは、とも思いましたが、無事帰ってきた我が子を見ると、初めての体験も楽しく過ごした様子で、たくましさを感じました。本人も自信をつけたことでしょう。子供ってこうやって成長していくんですね。
[PR]

by takekuraemi | 2006-07-16 08:16 | Trip

やっと観ました

懸賞 2006年 07月 07日 懸賞

b0001326_92724.jpg昨日、午後半休を取った旦那と待ち合わせ、やっと映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観てきました。映画館が空き始めた頃を狙っていたら、随分遅くなってしまいました。
既に見た人の感想は、「イマイチ」というものが多かったようなのですが、私の感想は、「あれだけのスリリングなストーリーをよく2時間半にまとめたな」というものでした。何箇所か原作と違う点があったり、苦労するはずの謎解きがあっと言う間にできてしまったり、という点は気になりましたが、画像も私のイメージと合っていたし、2時間半がとても短く感じられました。多少の難点は、あれだけのストーリーを2時間半にまとめたのだから仕方がないのかな、と思います。ただ、小説を読んでいない人は、話の展開に付いていかれないかもしれませんね。
一方、旦那は酷評していました。
人によって見方って違うものですね。
みなさんの感想はどうでしたか?
[PR]

by takekuraemi | 2006-07-07 09:12 | 日本での生活

My Birthday Party

懸賞 2006年 07月 01日 懸賞

昨日は私の誕生日だったので、夫が近所のFRESCOというイタリアンレストランを予約してくれました。
今までお店の前は何度も通っており、夜はいつも満席なので気になるお店の1つでした。家から徒歩3分という立地も最高です。
事前にネットで調べてみると、評判もいいみたい。期待いっぱいでお腹を空かせて行ってきました。

店内はシンプルでこじんまりしているけど、とてもアットホームな雰囲気。ワインの品揃えがとっても豊富です。店員さんがとても気が利くのもgood☆

b0001326_946418.jpgさて、私たちが前菜にいただいたのは、カプレーゼ
お馴染みのトマトとモッツアレラチーズのサラダです。アンチョビも入っていて、塩加減が絶妙!あっという間になくなりました。




       次は夏野菜のオーブン焼き
b0001326_9474031.jpg

赤と黄色のパプリカ、ズッキーニ、ナス、トマト、アスパラ、キャベツがマリネソースと絡んで甘~いんです!アンチョビのソースが絶品で、もっと食べたい一品でした。

パスタはワタリガニのスパゲッティ。どうやらこのお店の看板メニューらしく、どのテーブルでもこのメニューを注文している様子。
b0001326_9523123.jpg

濃厚なソースに蟹の出汁が良く出ていて、うなってしまうほどの美味しさ。これは家庭では作れません。ソースも最後までいただいてしまいました。感激の1品でした。

実はパスタはもう1つ、シーフードのスパゲッティもいただいたのですが、「熱いうちに食べなきゃ」と、写真を撮るのを忘れてしまいました(笑)。気づいたのはお皿が空になってから。
だって、あさり、海老、イカ、ムール貝、ホタテ等のシーフードがとても大きくてプリプリしていて美味しかったんですぅ。。。写真よりも食い気に走ってしまいました。

b0001326_12215546.jpgメインは子羊のオーブン焼き、バルサミコソース
バルサミコの酸味が羊独特の癖を上手に消してくれています。お肉も柔らかくて美味しかったです~。もったいないので、ついつい骨を手で持って最後までかぶりついてしまいました。



           サプライズもありました!
b0001326_1032637.jpg

夫がお店の人にスペシャルデザートを頼んでおいてくれたようなのです。
アイスクリームにチーズケーキ、チョコレートケーキとティラミス。デザートフルコースです。
3人でシェアして十分なボリュームと素敵な盛り付けに感激でした!


b0001326_10141086.jpg「俺の誕生日もここがいいや」とパパ。
「僕のバースデーも!」と息子のTeddy。
どうやらこのお店は我が家の行きつけのお店になりそうです。
そして満腹のお腹を抱えて、3分歩いて自宅へ帰ったのでした。近いっていいですねー。
[PR]

by takekuraemi | 2006-07-01 10:17 | 美味しいもの