<   2006年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

チョコレート工場見学

懸賞 2006年 03月 30日 懸賞

b0001326_1047561.jpg
昨日はhysyuko さんにお誘いいただき、鶴見にある森永製菓の工場見学に行ってきました。

巨大キョロちゃんのお出迎えを受け、甘い匂いのする工場内を約1時間半かけて見学してきました。
春休みともあって、沢山の親子連れで大賑わい。お菓子工場の見学なんて、子供にとっては何より嬉しいイベントですね。



ところが、Teddyにとってはこの見学、とっても不安な日だったのです。
yukoさんからお誘いいただいたことを主人に話した時のこと

パパ:「Teddy、今度ウィリー・ウォンカのチョコレート工場に見学に行くんだって!
    変な小人が沢山いるかなぁ。それに悪いことしたら体が風船みたいに膨
    らんじゃうかもよ」
Teddy:「・・・。そんなの嘘だよ、あれはmovieだもん!」

ところがその直後、Teddyが私のところに来て、耳元でささやきました。顔を見ると涙目になっています。

Teddy:「やっぱりチョコレート工場、行かない・・・」

「チャーリーとチョコレート工場」の映画はフィクションだと分かっていても、脅されて不安になってしまったのでしょう。
b0001326_10574862.jpgその後私がフォローし、機嫌を取り直したTeddyは楽しく工場見学してきたのでした。
もっとも、見学というよりもyukoさんの息子さんとずっとじゃれ合っていた、という方が正しいのですが。。。
[PR]

by takekuraemi | 2006-03-30 11:00 | Teddyくん、今日のヒトコト

お花見

懸賞 2006年 03月 27日 懸賞

昨日はポカポカ陽気に誘われて、代々木公園にお花見に行ってきました。まだ五分咲き位ですが来週末になるともう散っていそうなのでちょっと早めのお花見です。
我が家にとっては3年ぶりのお花見。LAでも桜の見られる公園はありますが、やはり桜は日本で見て、みんなが宴会している中を歩くことでで春の喜びを感じられるものです。
b0001326_7313927.jpg

代々木公園の芝生には、大学生のサークル、ファミリー、カップル、高校生など沢山の人が、フリスビーやキャッチボールなどで思い思いに日曜日の午後を過ごしていました。
たまにはこういう大きな公園に来るのもいいですね。
b0001326_7314853.jpg
[PR]

by takekuraemi | 2006-03-27 07:32 | 日本での生活

ホワイトデーのメッセージ

懸賞 2006年 03月 15日 懸賞

昨日はwhite dayでした。
TeddyはValentine's day にチョコレートをくれたNちゃんに、スキー場で買ったキティちゃんのメープルクッキーを用意。手書きのカードも添えることにしました。
b0001326_8245482.jpg

カードはこんな感じ。ママから譲り受けた60色の色鉛筆を使って、2人で滑り台で遊んでいる様子を書いたそうです。
そしてメッセージの内容は・・・
「Nちゃんがすきなのでこのメープルクッキーをあげます」
なんてストレートなんでしょう!
もっとも渡す時はそっけない態度でしたが・・・(笑)
[PR]

by takekuraemi | 2006-03-15 08:28 | Teddyくん、今日のヒトコト

スキー上達の理由

懸賞 2006年 03月 12日 懸賞

2泊3日で苗場にスキーに行ってきました。Teddyにとっては去年アメリカで行ったスキーに続き、2回目のスキーです。
去年はほんの5m位しか自力で滑れなかったので、今年は1mでも2mでも長く滑れるようになるのが目標でした。

b0001326_12433334.jpg初日、滑り始めはこんな感じ。パパがいないと生きていけませ~ん!一度ゴンドラに乗せてみましたが、とても下まで降りられる状況ではなく、恥を忍んでまたゴンドラで下に下りてきたのでした。。。
でも、全然雪を怖がらないのが幸いしたのが、2時間後には自分で止まれるようになっていました。

2日目は一番短いリフトに乗って少し長めの斜面をすべる練習。どんなに転んでも「止める」と言いません。午後にはもうちょっと長いリフトに乗れるように!

b0001326_12501330.jpgそして最終日の3日目は、何と初日にUターンしてしまったゴンドラに再度チャレンジしたのでした。
こんな風にボーゲンで立派に下まで降りることができるようになっていたのです。ターンもいつの間にか覚えていました。スピードが出ても怖がらないし、時々ジャンプの真似事もしています。間違えて中級者コースに入ってしまっても構わず自分のペースで突き進んでいく姿には、ちょっとたくましくなった我が子を感じてしまいました。

Teddyは何故こんなに急にスキーが滑れるようになったのでしょう。思いがけない理由をリフトの上で聞くことができました。

ママ:「しゅんたん、こんなに滑れるようになってすごいね~。楽しいでしょ」
Teddy:「あのね、上村愛子ちゃんのジャンプ、すごかったでしょ。ぼくね、
    あれを見て感動したの。
だからぼくもスキーを頑張ろうと思ったの。」

なんとTeddyがスキーが上達できたのは、上村愛子選手のお陰だったのです!彼女のお陰で当初目標を大幅に超える結果を出すことができました。
目標を持つと、子供の集中力や吸収力はすごい力を発揮するものなんですね!

来年のスキーは北海道?いやいや、夏休みにニュージーランドにスキー旅行?
夢は大きく膨らみます。
[PR]

by takekuraemi | 2006-03-12 13:10 | Teddyくん、今日のヒトコト

不思議な水、電解還元水

懸賞 2006年 03月 08日 懸賞

私の通っているスポーツジムでは最近、電解還元水なるもののキャンペーンをやっており、毎回無料でペットボトルに電解還元水を入れてもらえます。
なにやらこの水、水道水を電気分解して作った水で、体内の活性酸素を非活性化させる働きがある、とっても健康に良い水なのだとか。私も興味本位で何度かもらってみました。生で飲むとクセの無いとても美味しいお水です。体内への吸収も良いのだそうです。

そしてキャンペーンガールさんに言われるままに自宅で実験してみたのが・・・トマトを電解還元水で洗うこと!
b0001326_21513225.jpg驚いたことにつけておいた水が濁ったんです!この濁りはトマトから出たアク。こうしてアク抜きしたトマトと、普通の水道水で洗ったトマトを食べ比べしたところ、明らかにアク抜きトマトの方が甘みがあって美味しかったんです!!たかが水を替えただけで、トマトそのものが変身したようで、本当に驚きでした。

次に試したのが、お米研ぎ。お米は1回目に研ぐ際に、90%近くの水を吸収してしまうため、最初にどんな水で研ぐかが肝心です。そこで最初だけ電解還元水で研いでみたところ、明らかにいつもの浄水で研ぐご飯よりも歯ごたえがあって美味しいご飯が炊けました。

水を替えるだけでこんなにも料理の味に差が出てしまうとは。しかも健康にも良いときたら、主婦にとってはとっても魅力的な水です。
健康に良い水といえばパイウォーターも一時話題になったことがありますが、この2つは類似品なのでしょうか。

いずれにしてもこの美味しくて健康に良いお水、家庭に整水器を取り付けるとすると、20~30万くらいかかるそうです。家族の健康のため、美味しいご飯のためとはいえ、即断即決できる金額ではありません。
因みに我が家にはビルトイン式の浄水器があるので、何とかこれを利用しつつ電解還元水だけを作る機器を安く導入できたらなぁ、などと虫のいいことを考えております。
[PR]

by takekuraemi | 2006-03-08 22:17 | 美味しいもの