<   2005年 01月 ( 41 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

Freeway

懸賞 2005年 01月 31日 懸賞

昨日はDeath Valley に車で旅行に行った話を書いたので、今日はその延長で Freeway ネタ。

ご存知のようにアメリカは車社会。Freeway がアメリカ国内を網の目のように通っています。砂漠の中だろうと、山の中だろうと関係ない。行きたい場所があれば道を作る、これがアメリカ流なのです。きちんと経済効果を計算して作っているのかどうか分かりませんが、すごい国力だと思います。

Death Valley の旅行でも、我が家から5分くらいの所にあるFreeway 入り口から出発してから帰宅するまで、休憩時間を除いてずーーーっとFreewayに乗りっぱなしでした。その間、平均時速80マイル(約128km)で突っ走って片道6時間。距離にしたら、片道約768kmにもなります!東京-大阪間が約500kmなので、768kmと言ったら東京-岡山辺りまでの距離になるでしょうか。これを2日で往復したわけです。
日本だったら絶対に車で東京から岡山になんて行かないと思うのですが、これが出来てしまうのはやはり、
1.高速道路料金が不要
  →今回の旅行、交通費はガソリン代のみ。3人分でたった$60
2.道が空いている
  →スピードが出せる
3.比較的真っ直ぐな道が多い
  →スピードが出せるし、疲れない
からでしょう。

しかも、アメリカ製の車にはCruise Control(クルーズ・コントロール)という機能が付いていて、スピードを設定してしまえば、車が自動的に固定スピードで走ってくれるのです。ドライバーはハンドルを握っているだけでOK。アクセルから足を離せると本当にラクチンです!
アメリカ製の車と書きましたが、我が家のトヨタのRAV4にもこの機能が付いています。
日本の高速道路は狭いしカーブが多いので、こんな機能があっても使う機会はないでしょうね。

何だか良い事ばかり書きましたが、「ヒドイ!」と思う点もあります。
1.道路がガタガタ
  日本の道を走ると、何て滑らかなんだろう、と感激してしまいます。
2.路肩にはゴミだらけ
  パンクしたタイヤの破片があちこち散乱しています。コワ~イ×××
  別の車が落としていった荷物が転がっていることも。

だから実際交通事故も多い。今回の旅行でも3~4回事故車を目撃しました。

何で道路整備を進めないのだろうと思いますが、どうやらこれは車の生産技術の向上に原因があるようなのです。
道路整備の費用は、ガソリン代に課される税金(18セント/ガロン)によって賄われているのですが、ここ数年で車の燃費が良くなり、ガソリンの売り上げが減少。それに伴い税収も減少してしまったらしいのです。
現在、カリフォルニア州ではガソリン税に代わる費用捻出方法を検討中で、シュワルツネッガー知事のもと検討が進められているのが、走行距離に応じて税金を徴収する方法。詳細は未定ですが、各車に走行距離計に連動した装置が搭載し、ガソリンスタンドで給油する際に、前回の給油からの走行距離に応じた税金を徴収する、という仕組みだそうです。州外を走った場合は対象外になるので、州外で走った距離を計算できるよう、全ての車にETCのような無線通信できる装置を付けなければなりません。そんな問題もあり、導入時期は未定なのだそうです。

Freeway が無料なのはとても有り難いですが、安全対策は早く進めて欲しいものです。


b0001326_20189100.jpg←参加中。1クリックしていただけたら嬉しいです♪
[PR]

by takekuraemi | 2005-01-31 14:35 | Trip

Death Valley

懸賞 2005年 01月 30日 懸賞

29日(土)~30日(日)、Death Valley に1泊2日の旅行に行ってきました。
Death Valley はカリフォルニア州の東に位置するアメリカ最大の面積を誇る国立公園です。夏は、その名のとおり灼熱地獄になるため、ベストシーズンは冬なのです。8月の洪水(砂漠なのに洪水があったのです!)の影響で、未だに道路が一部封鎖されており、見学できない箇所もあるのは知っていたのですが、今まで行った友人はみんな高い評価をしているので、思い切って行ってみることにしました。

土曜日朝8時に出発。我が家からDeath Valley へのアクセスは2ルートあるのですが、行きは景色が綺麗とされる南側からのルートを取ることにしました。午後2時にはパーク内へ。
すると、私がイメージしていた砂漠の世界とは全く正反対の意外な景色が目の前に広がりました。黄色いお花畑!
b0001326_1544431.jpg

b0001326_1540745.jpg








友人からは「Death Valley では生き物の気配が全く感じられない異様な世界」と聞いていたので、あまりのギャップに戸惑うばかり。「冬は砂漠でもこんなに植物が生えるのね」などと言いながら、次の観光ポイント、Bad Water へ進みました。

Bad Water はかつての塩水湖が干上がって出来た、塩の結晶が見られる場所。本来ならば、周辺一体に塩が浮き出て、不思議なマトリックス模様を描いている様子が見学できるはすなのですが、私たちが見たものは一面水、水、水・・・・。夏以降続く雨で、ここは昔の塩水湖に戻ってしまっていたのです!
b0001326_16534100.jpg

b0001326_16103144.jpg本来なら、こんな四角い塩の結晶を観ることが出来るらしいのですが、この結晶は雨に濡れて、また固まってしまったのでしょうか、こーんな大きな塩の塊がゴロゴロ転がっていました(T_T)。。。
b0001326_16154398.jpg



因みに、ここは海抜がマイナス85.2m。アメリカ最低地点が、この近くにあるマイナス85.9mなので、ほぼ同じ位低い場所ということになります。


後で公園職員に話を伺うと、今年は例年の4倍もの雨が降っているそうで、例年は1月にあんなお花畑は見られないし、Bad Water も綺麗な塩の結晶が見られるはず。他にも、普段は見られない種類の植物が生えたという現象もあるとか。全てがとってもunusual なのだそうです。うーーん、貴重な物を見たと思うべきか、本来の姿を見られなくて残念と思うべきか。。。
私はやっぱり不思議な塩の模様を見たかったなぁ。。。

b0001326_16374536.jpgひと晩明けて、日曜日は気持ちのいい晴天!次の観光ポイントの砂丘へ向かいました。
車を路肩に停めて、帽子と水を持ち、はるか彼方へ続く砂の山へ歩き出しました。柔らかい砂の上を足跡をつけながら進む感触は、まるで新雪を踏む感覚と似ています。でも、スキーと違うのは、その上を滑ることが出来ないこと。ひたすらひたすら自分の足で歩かねばなりません。真夏には50℃を超えるそうなので、冬のこの時期にしか出来ないことですね。
b0001326_16455222.jpg



私たちがつけた足跡も、風が吹くとあっという間に消えてこんな風紋になってしまいます。
コワイコワイ。。。






本来は他にも見所が沢山あるDeath Valley ですが、今回は残念ながらホンの一部しか観光することが出来ずに帰路につくことになりました。それでも物足りなさを感じなかったのは壮大な景色のお陰でしょう。長いドライブも全然苦痛に感じませんでした。
b0001326_16583787.jpg前に見えるのは果てしなく続く1本の道。その道は目の前にどっしりと構えるシエラネバダ山脈の合間に吸い込まれていくように消えていきます。後ろを振り返ると、私たちが今越えてきた山が遠くなっていきます。前にも後ろにも1台の車も見えません。まさに孤独な”山越え”です。
果たしてこの道に終わりはあるのだろうか、家にたどり着けるのだろうか、などと思いながらも、この自然のスケールの大きさを楽しみながらの帰宅となりました。

3月には10日間かけてグランドサークルを回る予定。
この時もこんなドライブが延々続くのでしょうね。




b0001326_20189100.jpg←参加中。1クリック(10ポイント)していただけたら嬉しいです♪
[PR]

by takekuraemi | 2005-01-30 23:24 | Trip

オドロキです

懸賞 2005年 01月 29日 懸賞

今週は、平均訪問者数が100人を越えていました!
このブログを始めた当初は、こんなに沢山の人に見ていただけるなんて考えもしていませんでしたが、沢山の方々からコメントやトラックバックをいただき、新しい情報も頂けたり、世界各国の生活習慣を垣間見ることが出来たりと、自宅にいながら素晴らしい体験をさせていただいています。有難うございます!

では、これから Death Valley に行ってきます!
b0001326_235826100.jpg


b0001326_20189100.jpg←参加中。1クリック(10ポイント)していただけたら嬉しいです♪
[PR]

by takekuraemi | 2005-01-29 06:37 | Los Angeles 生活

アバクロ

懸賞 2005年 01月 28日 懸賞

昨日はサンタモニカまで行ったので、ついでにサードプロムナードをぶらぶら。
Abecrombie & Fitch に入ってみたら、lucky なことに一部の商品がセール中じゃありませんか!
b0001326_048327.jpgそこでこんなパーカーを見つけました。
バックデザインもかわいい☆

これで$29.90good deal でしょ?

LAに来てから、移動がほとんど車のため、靴も洋服もカジュアルな物ばかり買うようになってしまいました。
でも、東京ではみんなちゃんとパンプス履いてジャケット着ているんですよねぇ。こんなラフな格好では東京の街中は歩けないだろうなぁ、と思いつつもついつい買ってしまうのです。

b0001326_0533284.jpg

b0001326_20189100.jpg←参加中。クリックしていただけたら嬉しいです♪
[PR]

by takekuraemi | 2005-01-28 07:44 | Good Deal

イタリア食材の店

懸賞 2005年 01月 27日 懸賞

アメリカで食べるイタリア料理ほど不味い物はないでしょう。
ほとんどのレンストランのパスタはアルデンテからは程遠い、茹で過ぎパスタです。だからイタメシは家で食べることが多くなります。

今日は友人から教えてもらったプロシュートが美味しいというお店に、イタリア食材を仕入れに行ってきました。
サンタモニカにある"BAY CITIES Italian Deli & Bakery"です。
b0001326_6454561.jpg店構えは、うっかりすると見落としてしまいそうな位小さなスーパーマーケットという感じ。入って右側に人だかりがしていたのでそちらに行ってみると、そこがお目当てのハム・サラミ売り場でした。何と、整理券を取って順番を待たなければならないほどの人気ぶりです。

待つこと15分、やっと私の順番が回ってきました。b0001326_653586.jpgショーケースには何種類ものハムやサラミ、ローストビーフがありましたが、今日はプロシュートを買ってみることにしました。 プロシュートといっても、Italian Syle,Amerian, Parma など数種類あり、違いが良く分からない。でも折角来たのだからと思い、一番高いParma を注文。すると大きな塊のプロシュートを目の前の機械でうすーくスライスしてくれました。1/4パウンド(100gちょっと?)で$6。

次に行ったのはチーズ売り場。チーズも馴染みのあるものから見たことの無いまでいろいろありましたが、目に付いたのがスモークドモッツァレラ。スモークされて表面がほんのり茶色く色づいています。感触も普通のよりも固め。きっといい香りがするのだろうと思い、買ってみることに。
チーズ売り場の隣にあったバゲットがいい香りを放っていたので、こっちにもつい手が伸びてしまいました。チーズと合いそう♪

店内には他にもイタリアのお菓子や、数え切れない種類のオリーブオイル、バルサミコ、アンチョビ、パスタやパスタソース、ワインなどが所狭しと置かれています。
見ているだけでも楽しいので、また近くに来たときには寄ってみたいお店です。

家に帰って、早速バゲットにプロシュートとチーズを挟んで頂きました!b0001326_715383.jpgフランスで買って来た赤いカシスマスタードともマッチして美味しかったです♪


BAY CITIES Italian Deli Bakery
1517 Lincoln Blvd,Santa Monica, CA90401


b0001326_20189100.jpg←参加中。クリックしていただけたら嬉しいです♪
[PR]

by takekuraemi | 2005-01-27 13:38 | 美味しいもの

ビーフシチュー

懸賞 2005年 01月 26日 懸賞

今夜はビーフシチューにしました。
b0001326_14575822.jpgCostco で買うと、シチュー用の肉も驚くほど安いのです。1回分で$5程度。
しかも柔らかくて美味しい!
日本にいた頃は、「アメリカ牛は安かろう、悪かろう」と思っていたのですが、今となってはそれは誤解だったとハッキリ言えます。やはり食べ物はその土地で食べるのが一番なのでしょう。肉も何ヶ月も冷凍していたら味も落ちますよね。あるいは、うがった見方をすれば、美味しい部位は自国で食べて、あまり良くない肉を輸出しているのかなぁ。

いずれにしても、アメリカにいる間に沢山牛肉を食べておこうと思い、ビーフシチューや牛肉の赤ワイン煮などを以前よりも頻繁に作るようになりました。

ただ困ったのが、こちらのスーパーではシチュー作りに欠かせないブーケガルニデミグラスソースを売っていないこと。デミグラスソースは日系スーパーで買えますが、ブーケガルニはどこを探しても見つかりませんでした。仕方ないので、私は夏に一時帰国したときに、ブーケガルニをまとめ買いして来てしまいました。
でも、アメリカ人はどうしているのでしょうね?生のハーブを何種類も買って来て自分でブーケガルニを作るのでしょうか?あるいは、そもそも5時間も煮込むような手間のかかる料理は作らないのかもしれませんね。

b0001326_20189100.jpg←参加中。クリックしていただけたら嬉しいです♪
[PR]

by takekuraemi | 2005-01-26 21:49 | 美味しいもの

これなーに?

懸賞 2005年 01月 26日 懸賞

私が時々覗く日用雑貨屋さんに、Bed Bath & Beyondというお店があります。名前のとおり、浴室関係や寝具の雑貨もありますが、キッチン用品やテーブルウェアなども充実していて見ているだけでも楽しめるお店です。b0001326_7195260.jpg
そこで今日、こんな物を見つけました。

瓶の中に色とりどりのフルーツやハラペーニョ等のチリ、ハーブが詰まっています。
色で層を作っている物やお花などの模様が描かれている物も。

「何だろう?オーナメントかな?」と思いながらその中の1つの表示を覗き込んでみると、b0001326_7295611.jpg"Chili Kumqat & Starfuit Infused Vinegar"とありました。「唐辛子、きんかん、スターフルーツ入り酢」という感じでしょうか。
でも辛いものと甘い物が酸っぱい物の中に入っているなんて、一体どんな味がするのでしょうか?メキシコ料理にでも使うのかな?

でも、使ったら当然中の模様は崩れてしまいますよね。もったいない!
やっぱりこれは飾りとして置いておきたいですね。


b0001326_20189100.jpg←参加中。クリックしていただけたら嬉しいです♪
b0001326_7413523.jpg
[PR]

by takekuraemi | 2005-01-26 14:09 | カワイイ☆

クマさんよりウマさんが好き

懸賞 2005年 01月 25日 懸賞

先日、TeddyにGAP の赤いポロシャツを着せました。胸の部分にクマのマークがついているものです。
b0001326_853979.jpgすると、

Teddy:「あのね、Teddyはね、クマさんよりもおウマさんのシャツがいいの
ママ:「?」
Teddy:「パパとママと同じのがいいな」

と言って、私の着ているシャツを指差しました。
b0001326_872496.jpgそう、その日私はRalph Lauren のシャツを着ていたのでした。
私は慌てて、

ママ:「でもさ、クマさんの方がウマさんよりもカワイイじゃない。
    こっちの方がいいよ!」
Teddy:「でもね、Teddyはパパとママと同じのがいいの」

今まで、子供はすぐに大きくなってしまうし、プレスクールで洋服を汚してくるので、GAP や OSHKOSH 等比較的安い洋服ばかり買い与えていたのですが、「パパやママと同じのがいい」などとカワイイことを言われてしまうと、、「Teddyは安いのでいいよぉ」とは言えなくなってしまいました。

ママ:「そっかー、パパやママと同じのがいいのかぁ。じゃあ、今度アウトレットに行った時
    に買ってあげるね ;^_^;」

b0001326_20189100.jpg←参加中。クリックしていただけたら嬉しいです♪
[PR]

by takekuraemi | 2005-01-25 14:26 | Teddyくん、今日のヒトコト

日本人の味方~移動魚屋さん~

懸賞 2005年 01月 24日 懸賞

今日は月曜日。魚屋さんが新鮮な魚を売りに来る日です。

b0001326_4264952.jpg朝10時半頃、白バンに新鮮な魚を積んだFUJISAKI FISH のおじさんが、我が家から5分位のいつもの場所に到着。その時間に合わせて、あちこちから日本人の奥様方が集まってきます。

米系スーパーではどうも食べたいお魚が見つかりません。まぐろもあるのですが、お刺身で食べられるものではないし、白身魚も"White Fish"と書いてあるだけで一体何の魚なのか分からないこともしばしばです。

一度、"cat fish" と書いてある白身魚を、何なのか良く分からないまま買ったことがありました。家に帰って調べると・・・なんとなまず!「ひえ~!なんて物を買ってしまったんだ!!」と思いつつも、捨てるわけにも行かないのでムニエルにしてレモンをたっぷりかけて食べてみたのですが・・・・・・脂っこすぎて私には全部食べられませんでした(主人は『うまいっ!』と言いながら平らげてしまいましたが)。
trout(ます)も買ったことがあります。こちらも香辛料をかけてムニエルにしたけど、泥臭くてgive up。

日系スーパーで売っている魚は、カチコチに冷凍してあるので、新鮮さの点でイマイチ。

そんな訳で、月曜日の朝は、目利きのおじさんが毎朝市場で仕入れて来る魚目当てに、白バンの前に行列が出来るのです。

車の中は、魚を氷の中に保存できるよう改装してあり、私たちはガラス越しにお魚を選ぶことができます。まぐろ、ひらめ、はまち、海老、いか、さば、うに、めんたいこ。日本から取り寄せた季節の野菜や果物も少し。油揚げ、こんにゃく、豆腐や納豆まであります。
b0001326_4464776.jpg買う魚を決めたら、目の前でおじさんがさばいてくれるのも嬉しいサービス。
特にお刺身は最高で、まぐろなんて切ったサクの中に赤身、中トロと大トロが全部入っているのです。当然トロトロで美味しい♪決して安くはないけれど、たまには美味しい魚を食べたいですよね。

元フジテレビアナウンサーの木佐彩子さん、岩瀬恵子さん、俳優の千葉真一さんもこのFUJISAKI FISH のお得意様だそうです。特に木佐彩子さんは頻繁に(別の曜日、別の場所に)買いに来るそうですよ。

私は今日は鰆、はまち、なめこを買いました。
夕食は鰆の照り焼き、はまちのお刺身、なめこのお味噌汁です。

FUJISAKI FISH
cell:(310)902-4564


b0001326_20189100.jpg←参加中。クリックしていただけたら嬉しいです♪
[PR]

by takekuraemi | 2005-01-24 11:19 | Los Angeles 生活

春のシルシ

懸賞 2005年 01月 23日 懸賞

b0001326_1441626.jpg今日も Indian Summer な1日(ポカポカ陽気の冬の日をこう呼ぶのです)。
日中は半袖でもOKな位の陽気でした。
うららかな日差しの中、公園への道すがら、こんな春のシルシたちを見つけました。

真っ白な山桜は満開です。写真には撮れませんでしたが、こぶしの花なんて散り始めていました。b0001326_1453318.jpg他にもすみれ桜草つつじ、名前は知らないけどかわいらしいピンクの花とブルーベリーのような実(植物にはあまり詳しくないので・・・)。
公園の芝生にはハルジュオンたんぽぽシロツメクサ

どれもこれも、日本では4月から5月にかけて咲く花ですよね。春の訪れのシルシのような花たちなので、b0001326_1461750.jpg私の気持ちの中も、まだ1月だということを忘れてすっかり春モードに切り替わってしまいそうです。

そういえば、去年は4月頃になったら日本で言う春の花と夏の花がいっぺんに咲いていたっけ。カリフォルニアでも一応四季はあるのですが、日本ほどハッキリしていないのです。
そう思うと、改めて日本の四季の素晴しさを感じますが、b0001326_14114340.jpg寒いのが苦手な私はやっぱりLAの気候が好きかな。。。

えっ?NYでは雪ですと?シンジラレナイ。。。


b0001326_20189100.jpg←参加中。クリックしていただけたら嬉しいです♪
[PR]

by takekuraemi | 2005-01-23 20:40 | Los Angeles 生活