カテゴリ:頭の体操( 9 )

懸賞 懸賞

まるで人が変わったよう   

懸賞 2009年 08月 10日 懸賞

Teddyの学校の夏休み、ほぼ半分終わりました。
休みの日に限らずいつもいつも「だらしない!」「もっとちゃんとしなさい!」と叱られているTeddy。
夏休み前は、「今年も夏休みもきっと毎日お尻を叩きながら過ごすのね」、と思っていた私ですが、嬉しい誤算がありました。

どういう心境の変化か、夏休みに入ってからというもの、Teddyは人が変わったように頑張って日々のタスクをこなしているのです。
相変わらず机の周りは片付いておらず、だらしない状況は変わりませんが、

・毎朝6時に自分でおきてラジオ体操に参加
・宿題は言われなくてもどんどん進めており、レポートもほぼ自力で完成
・初めてテニスの試合に出場、目標にしていた1勝を達成
・読書に夢中になっていて、この夏10冊以上読んでしまいそうです

私の予想通り読書感想文には苦戦していますが、去年と同様私のヘルプを期待しつつ仕上げることを目論んでいるようです(因みに去年は佳作でした。ママが頑張ったんです、ハイ)。

何がきっかけだったのかは不明ですが、自分からやる気になったということは大きな成長ですね。
ご褒美がもらえるからやるのではなく、自分が楽しいから、自分のためになるからやるんだ、ということが分かれば、自然に自分に必要なものを自ら取捨選択して要領よく集中してできるようになるでしょう。
旅行期間を除くと夏休みはあと10日。残りもの期間も充実した日々が過ごせますように。
[PR]

by takekuraemi | 2009-08-10 16:31 | 頭の体操

算数オリンピック 初挑戦  

懸賞 2009年 06月 24日 懸賞

日曜日、Teddyは算数オリンピックに参加してきました。
今年から小学生低学年向けの「BEE」というコースが新設され、3年生のTeddyも参加できるようになったのです。彼が通信講座を受けている算数教室の先生の薦めもあって、申し込んでみました。

本番の問題は全部で11問。制限時間は40分。
図形やカレンダー、重さの問題など、暗記に頼るのではなく自分でじっくり考えて解く問題ばかりです。
普段の算数の勉強は数字のパズル中心にやっているTeddy。所謂試験問題には不慣れなはずですが、事前準備は全く何もせずに臨んだ割には、善戦したようです。「塾でコツを習っていればできたかも~」という問題もありましたし、うっかりミスもありましたが、本人は楽しんだようなので良しとしましょう。

6/21(日)のテストはトライアル。上位100名が8/9(日)の決勝に進めます。
今回の問題から推察すると、全問正解でないと決勝進出は難しいと思われますが、来年はジュニア部門で決勝まで行かれるといいね!066.gif
[PR]

by takekuraemi | 2009-06-24 11:16 | 頭の体操

三菱みなとみらい技術館

懸賞 2008年 08月 24日 懸賞

b0001326_15371672.jpg木曜日、この夏休み最後のイベントとして、Teddyを三菱みなとみらい技術館に連れて行きました。ここは三菱重工ビルの1階~2階部分にある、一般向け展示場で、子供たちが科学技術や自然エネルギーについて楽しく学べる場になっています。
1階入り口では、早速家庭用コミュニケーション・ロボット、wakamaruがお出迎え。「こんにちは」「何歳ですか」「握手しよう」などの簡単な会話を実際に楽しんできました。こんなのが家にいたら楽しいでしょうねぇ。
1階は宇宙開発に関する展示。2階は環境・エネルギーをゲーム感覚で学べるコーナーになっています。ここ暫くDSで遊べないTeddyも、ここぞとばかりに真剣な眼差しで取り組んでいました。中には子供よりも親が夢中になっている姿もあり、ビックリ005.gif

1番人気は、ヘリコプターの操縦シミュレーションが体験できるスカイウォークアドベンチャーでしょう。
b0001326_2322292.jpg

1度に4人までしか乗れないので、あっという間に長いwait listができてしまいます。でも、待つだけもの価値はある体験でした。自分で操縦桿を握って、離陸、旋回、着陸を操作するのですから。実際のヘリコプターから撮影した東京湾の景色は、昼間から次第に夕方、そして夜景へと変わっていきます。そうこういしていると、あっという間に着陸の時間。操縦の感覚もつかめないまま着陸態勢に入ってしまい、我が機はあえなく地面に衝突したのでした。。。050.gif本物じゃなくてよかった!

この技術館は、春に行ったお台場の日本科学未来館よりも対象年齢が低めなので、Teddyもとても楽しめた様子。
夏休みの最後を楽しく過ごせて何よりでした。
さて、明日から学校が始まります!
[PR]

by takekuraemi | 2008-08-24 23:14 | 頭の体操

英検3級合格!

懸賞 2008年 07月 23日 懸賞

Teddyが英検3級に合格しました。
「合格したら新しいDSソフトを買ってもらえる」というご褒美につられて、4月に問題集
を買って2ヶ月間私と地道に勉強をし、6月半ばに1次試験を受けました。
去年まで受験した児童英検はリスニング中心だったので、特に新しく覚えることはなく、音声に集中することを注意させれば良かったのですが、英検3級はイディオムがポイントとなります。これまでカンで英語を使っていたTeddyにとってはこれが新たな試練でした。過去問で間違えたところを何度もチェックし、「兎に角覚える」を繰り返し、安心できる状態になったのは試験直前。でも勉強の甲斐あって、1次試験を8割強の正解率で通過、7月半ばに2次試験の面接を受けることができました。こちらは試験の流れを把握し、「兎に角話す」に重点を置いて家庭教師の先生の協力も得ながら練習しておいたので、安心して試験会場に向かうことができました。

3級というと、私は中3の時に受けた記憶があります。実際試験会場でもほとんどが中学生で、たまに見かける小学生の中でもTeddyが一番年少でした。LAから帰国して3年が経過し、listening と speaking は落ちているものの、writing とreading は帰国時よりもできるよいうになっていることを考えると、普段はダラダラしているTeddyですが、彼なりに頑張っているのでしょうね。
英語はLA滞在のお陰で彼のadvantage になっているので、嫌にならない程度にできる限り続けてやりたいと思っています。

さて、合格のご褒美は・・・DSではなく人生ゲームになってしまいました。044.gif
最近視力低下気味のTeddy。視力が回復するまでしばらくDSは我慢です。040.gif
[PR]

by takekuraemi | 2008-07-23 19:32 | 頭の体操

マジック・ツリー・ハウス

懸賞 2008年 04月 14日 懸賞

1ヶ月ほど前からTeddyが夢中になっている本があります。
「マジック・ツリー・ハウス」
ジャックとアニーの兄妹が、偶然見つけたツリーハウスの中で、沢山の本を発見します。それらの本を見ながら「ここへ行きたい!」と言うと、本当にその場所に行かれるのです。2人が過去の歴史的な人物に会ったり場所を冒険しながら、様々な経験を通して成長していくというファンタジーストーリー。1話完結になっているし1話が短いので、子供にも読みやすく、また触り程度ではありますが世界史に触れることも出来ます。クリスマス頃には「ゾロリシリーズ」が好きだったTeddyですが、この本に出会ってからは漫画のようなゾロリには見向きもしなくなりました。教育的な観点からも親としては「マジック・ツリーハウス」の方が大歓迎です058.gif

さてこの本、原作はアメリカ人。amazonで英語のパーパーバックを安く入手することができます。英語はハリー・ポッターよりも易しいので、気軽に楽しめますよ☆
息子にもこれを読むように薦めているのですが・・・そこはなかなか親の思うとおりにはならず007.gifです。
[PR]

by takekuraemi | 2008-04-14 08:26 | 頭の体操

今度はナンバー・スネーク

懸賞 2007年 11月 26日 懸賞

この半年、「賢くなるパズル」にのめりこんでいたTeddy。とうとう上級編にたどりつきましたが、3級の最後の問題で躓いてしまった様子。流石に上級になると難しくてなかなか先に進めないようです。大人がやっても相当時間がかかるので無理もありませんが、せっかく数字のパズルの楽しさが分かったのにここで止めてしまっては勿体無い。
そこで、今度は新作のナンバー・スネークを買ってみました。

これも数字のパズルですが、「賢くなるパズル」とはちょっと違うタイプです。
Teddyも目先が変わったことで、またちょっとやる気が出てきた様子。でもこれも相当手強いパズルです。Teddyと競争すると、私が負けてしまうこともあります(恥)。

宮本先生の教育方針は「自分で考える力を養うこと」
宮本先生曰く、算数力とは「情報を条件を取捨選択する能力」と「条件を整理する能力」であり、これらは自分にあった生き方を模索するために必要な力なのだそうです。学習することの本質を突いており、これには「なるほど~」と納得してしまいました。
宮本先生の学習方法なら、論理的考察力や問題解決能力も身に付くかもしれません。
確かに、大人の社会では仕事をするうえで、問題解決能力はとても重要ですが、これはPC操作方法と違って簡単に身に付くものではありませんから、幼い頃からの訓練が大切なのでしょう。我が身を思い返すと、公式の暗記と単調な計算問題の繰り返しで算数嫌いになったような気もします。だから思考力の乏しい大人になってしまったのかなぁ~(~_~;)。
やはり子供には親を超えてほしいと思うものなのですね。
[PR]

by takekuraemi | 2007-11-26 14:15 | 頭の体操

実力で憧れのDSをget!

懸賞 2007年 11月 07日 懸賞

11月4日(日)はTeddyにとって今までの努力の成果が問われるとても重要な日でした。
1年前からニンテンドーDS Liteを欲しがっていたTeddy。
でもただで買ってあげては有り難味がないので、「児童英検のGOLDで満点が取れたら買ってあげる」という約束で、この数ヶ月私と公式問題集を繰り返しやって頑張ってきました。1年半前はBRONZEを受験し、満点だったので自転車を買ってあげたのですが、今回はSILVERをスキップしてGOLD。練習問題ではついついうっかりミスをしてしまうこともしばしばだったため、「満点は無理かもしれないけれど、1~2問程度のミスだったら買ってあげよう」と思っていました。
そして本番当日。残念ながらこの日はAppleが発熱したため主人に同行してもらうことに。折角頑張ってきたのだから、少しでも良い結果を残して欲しい、という気持ちで、私も少しドキドキしながら見送りました。

試験が終わって暫くすると、主人の携帯から連絡が入りました。
「満点だったよ!」
試験終了後に問題と回答が配布され、答え合わせをした結果(たぶん)満点だったということが分かったのです。
正直驚きました。そしてホッとし、喜びがこみ上げてきました。
これでTeddyも堂々とDSを買ってもらうことができます!

そしてとうとう昨日、憧れの白いDSをget。ソフトはポケモンのパールというもの。何やら、お友達とキャラクターの交換ができるのだそうです。我が家ではポケモンのTV番組も見せていないのに、何故かキャラクター名や特徴を良く知っているTeddy。学校でお友達に教えてもらうのでしょうが、すぐに覚えてしまうなんて、子供記憶力ってすごいですねー。
帰宅後は私が説明書を読んでやり作を教えながらも、早速楽しそうに遊んでいました。頑張った結果のご褒美ですから、喜びもひとしおでしょう。
正式な結果が返ってきた時に「実はたくさんミスしてた」なんてオチがないといいのですが。。。

時々、Teddyに対しては難しいtaskを与えすぎているかな、と思うこともありますが、今のところ嫌がることもなく楽しんでやっている様子ですし、ちゃんと結果を残しているので、まあ、良しとしましょう。

さて、私ですが、子供達が寝静まった頃に始めたのが、、、逆転裁判
職場の同僚に薦められて買ってみました。
冤罪を着せられた被告人の新米弁護士が、証拠品をもとに証人の証言の矛盾を突いて裁判で被告人の冤罪を晴らすという内容です。Teddyには1日30分の制限を設けているのに、私は気づいたら夜の12時近くになっていました。。。(^_^;)
[PR]

by takekuraemi | 2007-11-07 22:31 | 頭の体操

宮本算数教室の賢くなるパズル

懸賞 2007年 06月 10日 懸賞

皆さんのお宅では、毎日お子さんが勉強する時間を設けていらっしゃしますか?
我が家では、1日1回勉強と称して、算数(百マス計算)や英語など、何か1つやるルールになっています。でも机に向かう時間は15分位のはずなのに、結局やらない日もしばしば。。。Teddyはまだ1年生ですが、机に向かう習慣はつけておきたいと思い、楽しみながらできる問題集を買ってみました。


横浜の宮本算数教室の問題集
TVで見たことがあるのですが、この塾は教えることをしません。教室に子供が集まって、ひたすら問題を解いているのです。できたら先生のところに持っていくのですが、間違っていても先生はどこが間違っているのか、どうすれば解けるのか教えてくれず、問題を突き返すだけ。子供はまたひたすら机に向かいます。
この塾は時間がかかっても自分で問題を解く力を養う方法をとっています。そうすることにより、どんな場面においても自分で状況を考え、問題を解決する能力と集中力が身につくのだそうです。結果、この塾に通った子は有名中学進学率がとても高いのだとか。なるほどね~。。。
自分で考える習慣を身につける、という点に共感はしたものの、この塾は全く宣伝をしていないので、クチコミで場所を調べるしかありません。それでも1000人以上のwaitingがある、という噂も耳にしました。
そこで、せめてこの問題集を家でやろう、という訳です。

元々数独などパズルが大好きなTeddy。すぐにこの問題集の虜になってしまいました。たった2日で全部終わらせてしまったのです。

今回は初めてということもあって様子を見るために入門編を買いましたが、他に足し算や掛け算、四則演算編などもあり、それぞれ初級~上級まで揃っているので、この先暫くはこの問題集で遊べそうです。Teddyは早くも「次の問題集が楽しみ♪」と言っています。最後まで飽きずに制覇できるでしょうかねぇ"^_^"
[PR]

by takekuraemi | 2007-06-10 09:56 | 頭の体操

ボクの暇つぶし

懸賞 2007年 01月 17日 懸賞

「なんか暇だなぁ。よし、アレやろっと。」
最近のTeddyはちょっとでも時間が余るとあることを始めます。
それは数独!(ルールはこちら
彼の数独との出会いは、1年ほど前。私の母が夢中になってやっていたのでそれを横から覗き見していたことからでした。その後は新聞に掲載されている数独を、週1回程度私と一緒にやってみたところ、30分以上かかっても飽きずにやっているので、「そこまで好きならば!(それに一人で遊んでくれるし♪)」と、数独の本を購入したのでした。
b0001326_10475091.jpg
この本には全部で100問の問題が収められています。買ったのは年末なのですが、暇さえあればやっているので、もう30問以上終わってしまいました。ママのヘルプ無しで全部できた場合はハナまるを付けられることにしたので、最近は意地でも自分でやり終えようとしています。
これで学校に上がっても、数字嫌いにならなければいいなぁ、、、と密かな期待を寄せている私です。

それにしても、今はいろいろな数独のゲームや本が出ているんですね!
DSなんて買ってしまったら、きっと私も1日中数独漬けになりそうです(汗)。
[PR]

by takekuraemi | 2007-01-17 11:04 | 頭の体操