町たんけんボランティア

懸賞 2008年 07月 17日 懸賞

1週間前、Teddyの学校のボランティアをしてきました。
ボランティアの内容は、子供たちの「町たんけん」の付き添い。「自分たちが住む町についてもっとよく知ろう」というのが目的で、子供たちは4~5名のグループに分かれて町内を2~3箇所訪問します。訪問先は動物愛護センター、消防署、公園、国際交流センター、人形劇の劇団、商店街などなど。私の担当グループは消防署と神社を訪問することになっており、子供たちに危険がないよう見守りながら、定時までに子供たちを学校に帰すのが私の仕事です。

消防署では職員の方から消防士の仕事内容について説明を受けたり、消防車の中を見せてくれたりしました。初めて消防車に乗ってみる子供たち。目がとても輝いていました!
b0001326_1031168.jpg


次に訪れた神社は、とても小さな神社で神主さんも常駐しておらず、手持ち無沙汰だったところ、集会場で踊りの練習をしていた老人会の方々に、踊りを披露していただくという思いがけない出来ことも。
残りの時間はかくれんぼをして過ごしておりました。

私の担当したグループは我が家の近所なのでよく知っている場所でしたが、駅と反対方向になると全く知らなかった場所があることに気づきました。また子供の学校での様子を見ることもできますし、普段Teddyが一緒に遊んでいる子のお母さんと挨拶することも出来るし。学校のボランティアは面倒な面ももちろんありますが、良いこともあるのです。
今後も私がフリーの日と学校行事が重なった日は、極力行事に参加しようと思っています。
[PR]

by takekuraemi | 2008-07-17 10:09 | 日本での生活

<< 花火大会   大きくなあれ >>