ボクのバレンタイン

懸賞 2007年 02月 15日 懸賞

昨日はValentine's day。皆さんそれぞれの思いでその日を過ごされたことでしょう。
我が家では思いがけないことがありました。
朝、私が朝食の準備をしていると、Teddyが後ろで何やらゴソゴソしています。
「見ないで!」
の声に、「きっと何か手作りのプレゼント(絵か折り紙か・・・)をくれるのかな」と思っていたら、、、私の隣に来たTeddyが差し出したのは、なんと10円玉!
b0001326_2211350.jpg
我が家では、Teddyが新聞取りや花の水遣りなどのお手伝いをすると1回につき1円のお小遣いをもらえることになっていますが、10円というとお手伝い10回分に当たるので、Teddyにとってはそれなりに意味のある金額のはず。それをパパとママに1枚ずつくれたのです。
恐らく、「アメリカでは女性から男性に、と限らず好きな人に贈り物をするんだよ」と教えていたので、Teddyも私たちにプレゼントを考えてくれたのでしょう。
一瞬、喜んでいいものかどうかためらいました。が、自分にできるプレゼントを彼なりに考えてくれたのだと思い、一旦Teddyの気持ちを受け止めることにしました。
「ありがとう!Teddyの大事なものを分けてくれる気持ちは嬉しいよ。でもね、パパとママはTeddyからお金をもらうよりも、Teddyがいつもsmileでいてくれる事のほうがずっと嬉しいな」
思いがけない私の言葉に、Teddyはちょっと納得いかない様子でしたが、時間をかけて説明をして、やっと頷いてくれました。
この10円はTeddyと食べるおやつを買うのに使おうと思っています。

朝からちょっとヘコんでしまったTeddyですが、夕方には嬉しいサプライズが!
去年チョコをくれたNちゃんが、今年も家までチョコを届けに来てくれたんです!
b0001326_2226848.jpg

朝、ママからもらったチョコよりもずっと意味があるんだぞ!分かっているのかなぁ。

Nちゃんとは小学校も同じ。
「Nちゃんからは来年もチョコをもらえるね♪」などとのんきに構えているTeddy。
世の中そう甘くはないぞー!(笑)
[PR]

by takekuraemi | 2007-02-15 22:30 | Teddyくん、今日のヒトコト

<< きな粉入りピーナッツバター   手作りpizza >>