CPK!

懸賞 2006年 10月 15日 懸賞

ラゾーナ川崎での買い物ついでに、日本初上陸のCalifornia Pizza Kitchen(CPK)でランチしました!
その名のとおり、カリフォルニアスタイルのピザとパスタのお店。カジュアルなお店なので、LAでは大勢でわいわいランチする時に利用していました。
前日に予約をしようとTELしてみると、「今のところまだ予約は受けていない」との返事。オープン間もないのですごい人気なのかしら、と心配になり、開店直後に駆けつけてみると、店内はまだ空席があり、すぐに入ることができました。

席に着くとすぐに、私たちのテーブル担当のウェイトレスさん(これもアメリカ的ですね)が息子のTeddyにこんなものを持って来てくれました。
b0001326_842024.jpgアメリカのレストランではどこでもお馴染みのアイテム、キッズメニューとその裏の塗り絵。4色のクレヨンはお持ち帰り可です。
残念ながらキッズメニューにはTeddyの大好きなマカロニチーズはありませんでしたが、最初からアメリカ的サービスにちょっと感激!

お料理がくるまでしばしの間、Teddyは塗り絵に熱中。
b0001326_8472355.jpg

さて、私たちが注文したのは
シンプルなトマトとバジルのスパゲティ
b0001326_8495082.jpg

ネーミングが気になって注文してしまったカリフォルニアクラブ
アボカドの下にベーコンとチキンが隠れています。アボカドがカリフォルニアっぽいですよね。
b0001326_8514773.jpg

周りを見ると、隣のテーブルもまたその隣も同じピザを食べていて、人気メニューだということが判明。やはり名前に惹かれてしまうのでしょうか。

お料理の味の方もアメリカ的(これは決して褒め言葉ではありません)。パスタはやっぱりアルデンテじゃなかった(笑)。でもトマトソースはとても美味しかったし、ピザの皮もふっくらしているのに表面はサクっとしていて満足。

食事も終盤に差し掛かった頃、テーブル担当のお姉さんが来て「お料理の味は大丈夫ですか?」と声を掛けてきました。これって、"Is everything OK?”の直訳?ここまでアメリカのサービスに忠実なのですね。
おまけにお会計もレジではなく、テーブル会計なのです(流石にチップは不要ですが)。

お値段は他のイタメシ屋さんと比べるとちょっと高めですが、マカロニ市場に続きLAを思い出させてくれるお店がまた1つ増えて嬉しいひとときでした♪
[PR]

by takekuraemi | 2006-10-15 09:04 | 美味しいもの

<< 秋の収穫   ラゾーナ川崎 >>