三鷹の森ジブリ美術館

懸賞 2006年 08月 25日 懸賞

昨日はLAから帰国されたrie_aquableさんと彼女の息子さんRくんと一緒に三鷹のジブリ美術館に行ってきました。
LA滞在中は、RくんとTeddyは違うプレスクールに通っていたので普段は一緒に遊ぶ機会は少なかったのですが、会えばファイティングごっこをして遊んでいた気の合う2人。昨日もランチの時はモジモジしていましたが、井の頭公園に一歩足を踏み入れたとたん、2人で走り出し、はしゃいでいました。

さて、前々から行ってみたいと思っていたジブリ美術館でしたが、Teddyもようやくジブリ作品を楽しく鑑賞できる年齢になったのでようやく行くチャンスに恵まれました。
井の頭公園沿いにしばらく歩くと、木々に囲まれた敷地内に丸みのある建物が見えてきてトトロのお出迎え。中に入るとその瞬間からメルヘンの世界でした。残念ながら屋内での写真撮影が禁止されていたのでその様子をお見せすることができませんが、屋外の写真から想像を膨らませてください。
b0001326_21355394.jpgb0001326_2136698.jpg





b0001326_21405097.jpg

夏休み中とあって混雑は覚悟していましたが、チケットが前売り制で入場時間も決められているので、ひどい混雑にはなりません。敷地面積もそれほど広くないと思うのですが、地下1階から2階までのスペースを、狭く感じないよう上手にレイアウトしてありました。
特に宮崎駿監督が映画のアイディアを練りだす際に描いたスケッチや絵コンテは、映画作成現場の臨場感が伝わってきます。また、アニメができる仕組みを親が子供に説明するきっかけとなる材料も目いっぱい散りばめられており、子供たちも興味津々で展示を楽しむことができました。2時間強で全てを見学できるので、子供も退屈せず、とても質の高い美術館だと感じました。入場料が安いのも良心的です。
井の頭公園での遊びと組み合わせれば、丸1日充分楽しめるお薦めコースです。
b0001326_21465248.jpg

昔懐かしラムネ、¥200。
Teddyはラムネと言えば固形のお菓子だと思っていました。
でもビー玉が2つも入っていて飲みにくい。
[PR]

by takekuraemi | 2006-08-25 21:43 | 日本での生活

<< tea for one   神戸アルテナ >>