我が家にホームベーカリーがやってきた

懸賞 2006年 08月 14日 懸賞

以前このブログで、無添加食材を食べたいのでホームベーカリーの購入を検討中、と書いたことがありますが、2週間ほど前とうとう我が家にホームベーカリーがやってきました!土曜日の日経新聞によると、我が家が購入したNationalのSD-BT113は一番の売れ筋なのだそうです。
この機種の特徴は、パンは材料を入れておけば焼き上がりまで自動やってくれますし、レーズン・ナッツ等の自動投入機能も装備。デニッシュパンやフランスパンも焼けるんです。さらにケーキも焼けます。旦那が一番気に入ったのは、うどんやパスタも作れる点。機種については即決でした。

b0001326_7295937.jpg購入以来、夜のうちに予約タイマーをセットして、朝食には焼きたてパンを頂くという贅沢な生活に変わりました。パンの焼ける匂いで目覚める朝は気持ちがいいです。味も膨らみ具合もパン屋さんで買ったものと比べても遜色ありません。ただ、柔らかくて切りにくいのと美味しいので、ついつい食べ過ぎてしまうのが難点です(汗)。
写真は全粒粉入りくるみ&レーズンパン。この他にも普通の白い食パンきな粉パンいちじく&レーズンパン、等を焼いてみました。入れる具財によってパンのふくらみ具合が多少変わってきますが、十分美味しく焼けます。

              他にもレモンケーキを焼いてみたり
b0001326_7352192.jpg


               週末のランチにうどんを作ったり
b0001326_737359.jpg

うどんは歯ごたえがあって美味しいのですが、すいどんやほうとうのようでもあります(笑)。
今後生地伸ばしや切り方を練習すればもっと美味しくできることでしょう。

さて、昨日の夕食は、こちら。久々に登場の牛肉の赤ワイン煮 手作りフェットチーネ添え
b0001326_7405862.jpg

牛肉はCOSTCOで買ってきた輸入再開第1号のお肉です。ル・クルーゼで3時間煮込んでホロホロ柔らかくなりました♪沢山作ったつもりだったのに、700gのお肉を3人で食べ切ってしまった。
パスタは・・・うどんのようでありました。お店で買う乾麺は大抵ディラムセモリナ粉100%ですが、ホームベーカリーに添付されているレシピによるとデュラム粉と強力粉が半々。それに切り分けた麺同士がくっ付いてしまい、ほぐすのに時間がかかって麺の湯で時間にむらができてしまったのが敗因かと思われます。
旦那は「美味しい!」と言っていましたがパスタは買った方が美味しいかな。

何はともあれ、我が家に無添加食品のレパートリーが増え、楽しみながら食べているので良しとしましょう!
[PR]

by takekuraemi | 2006-08-14 07:48 | 美味しいもの

<< 神宮花火大会   アメリカ産牛肉 >>