映画 "Curious George"

懸賞 2006年 08月 04日 懸賞

今日は私がこの夏で一番楽しみにしていた映画を観に行きました。それは "Curious George(おさるのジョージ)"!
アメリカでは昨年の冬に上映されていたのですが、日本でも上映されると聞き、ずっとずっと心待ちにしてたのです。ところがなかなか映画の宣伝を見なかったのでネットで調べ続けること数週間。やっと公式HPを見つけたときには歓喜しました!b0001326_2148523.jpg
ところが日本で上映されているのはホンの限られた映画館だけなのです。我が家から見に行かれるのは渋谷シネクイント(パルコパート3)くらいで、しかも1日1回しか上映していません。全然宣伝もしていないから、当然観客も少ない。館内で出迎えてくれた巨大なジョージ人形も寂しそうです。

映画自体は個人的にはCARSよりもずっと楽しめました。ジョージのしぐさがとても活き活きして可愛くて、映像もとても綺麗。ストーリーも心温まるもので、期待以上でした。
なのにどうしてもっと宣伝して集客を増やそうとしないのでしょうか?
映画の配給や宣伝の仕組みは良くわかりませんが、今の子の母親世代は「おさるのジョージ」を読んで育った人も多いはず。自分が大好きな絵本やお話は自分の子供ににも読み聞かせたい、と思うのは当然の親心でしょう。我が家にもジョージの本が7冊あり、Teddyのお気に入りとなっています。
b0001326_2211477.jpg

もっと宣伝して多くの映画館で上映すれば、集客も期待できると思うのですが、今回の映画の取り扱いはとても残念です。「ボウケンジャー」や「仮面ライダー」の映画もいいけれど、こういう映画こそ子供に観せたい映画なのに。

これを読んで興味を持った方は、是非観に行ってみてくださいね!
[PR]

by takekuraemi | 2006-08-04 22:03 | 日本での生活

<< アメリカ産牛肉   ASO チェレステ >>