江戸東京博物館

懸賞 2006年 06月 02日 懸賞

先週、江戸東京博物館へ行ってきました。
お目当ては「ナポレオンとヴェルサイユ展」。6月18日まで開催しているのですが、ギリギリになると混雑すると思い、5月中に行きたかったのです。
展示は、ナポレオンの武勇伝を語る有名な絵画の数々(いずれも教科書やパンフレットで見たことのあるものばかり)、きらびやかなナポレオンの生活をうかがわせる見事な調度品、宝飾品、食器類など多数。期待通りの展示でした。
ただ、残念ながら写真撮影が禁止されていたので、外の看板で雰囲気をお楽しみください。。。
b0001326_1036134.jpg

でも印象に残ったのは、ナポレオン展の後についでに立ち寄った常設展でした。
江戸時代の生活を展示してある常設展は予想以上にスペースが広く、町民の生活ぶり、食事の内容、町の模型、歌舞伎の歴史等、展示が充実しており、しかもとても綺麗なのです。
下の橋の写真は、日本橋だそうです。今は石造り?ですが昔はこんな木製の橋だったんですね。この橋は実際に歩いて渡ることができます。
b0001326_10411534.jpg

b0001326_1041263.jpg

修学旅行生が沢山見学に来ていましたが、外国人の友達を連れてきたらきっと喜ぶだろうと思ったのでした。その時は相撲も一緒に観戦できるといいですね。
[PR]

by takekuraemi | 2006-06-02 10:44 | 日本での生活

<< 青山でフレンチ   収穫のとき >>