鱈のピルピルソース

懸賞 2005年 03月 10日 懸賞

スペイン在住のafricaesp さんが紹介していた「鱈のピルピルソース」がずっと気になっていた私。これはオリーブオイルで鱈を煮る?料理なのですが、名前の由来はオリーブオイルが入った鍋を火にかける時に「ピルピル」という音がするから、という単純なものらしいです。

昨日は日系スーパーに行ったので、生鱈をgetして夕食にこの未知なる料理にチャレンジしてみました。africa さんのレシピの他、ネットでもレシピを検索して準備万端!

材料は生鱈3切れ、唐辛子3本、にんにく3片、オリーブオイルのみ。鱈には予め塩を振っておきました。b0001326_8215262.jpg

にんにくスライスと唐辛子を、鱈が半分漬かる位の量のオリーブオイルに入れて火にかけます。ごく弱火にかけていると、間もなく例のピルピルが聞こえてきました。




続いて鱈を投入。
鱈の皮に含まれているゼラチンがオイルに溶け出して、オイルを乳化させてソースを作ると言うことなのですが、ネットで調べたレシピの写真は身が下になっています。b0001326_8281326.jpgこの時、皮を下にすべきか、身を下にすべきか悩んだのですが、まずは写真に従って身を下にすることに。
写真の小さい鱈は、Teddyには辛いソースは無理かと思ったので、Teddyの鱈は半分だけバター焼きにしてしてしまったからです。。。"^_^"

途中で鱈を裏返し、今度は皮を下に。「ゼラチンよ溶け出せ~。うまく乳化してちょうだい!」と心の中で呪文のように祈りながらピルピル音を聞いていたのですが、待てども待てどもオイルはトロッとしてきません。やはり最初に皮を下にすべきだったのでしょうか?
あまり鱈に火を通しすぎると身が硬くなってしまうのでは?と心配になってきました。
レシピに「鱈に火が通ったら、鍋を揺らし、鱈のエキスが染み出たオイルを乳化させる」とあるので、鍋をゆさゆさ。でも相変わらずオイルはサラッとしたまま。。。
「うまく乳化しないときは、一度鱈を取り出し、スプーンなどでオイルを激しく混ぜると乳化する」とあります。仕方ないので鱈をお皿に盛り、オイルをスプーンでガシャガシャ混ぜること数十秒。何の変化も見られません。
「何でかな~。鱈の皮が薄くてゼラチンが少なかったのかな?それとも最初に皮を下にすれば良かったのかしら?」
挙句の果てには「ゼラチンが足りないなら、ゼラチンを足せばいいのでは!?ゼリー作りで使うゼラチンを混ぜれば乳化するかしら?」などという超ド素人的な発想まで頭をよぎってしまいました(T_T)。さすがにそれはしませんでしたが。。。

もうちょっとオイルを火にかけてみようかとも思ったのですが、空腹を訴える旦那の視線が気になり、ここで断念。美味しいかどうか分からないけど、乳化し損ないのソースを鱈にかけて「かんせーい!」と叫んでしまいました。
b0001326_8431444.jpg出来上がりはこれ。
見た目はまあまあでしょ?
肝心の味の方も、思った以上に大好評でした。ソースは唐辛子が入っていても全然辛さを感じないので、子供にもOKかもしれません。それに、にんにくがカリカリになっていて、これも美味しい☆
大好評とあれば、また次回リベンジするチャンスもあるというもの。それまでにしっかり研究しておかねば!

人気ブログランキング←参加中。「どんな料理なんだろう」と気になった方、ポチッと一押ししてくださいね☆コメントも頂けたら嬉しいです♪
[PR]

by takekuraemi | 2005-03-10 15:06 | 美味しいもの

<< Green Tea Terrace   友人の訪問♪ >>