なくす男 捨てられない女

懸賞 2010年 05月 19日 懸賞

我が家の二人の子供は、物に対する執着度合いが全く違います。

Teddyはすぐに物を無くすタイプ。
大事な物であってもその辺にポイと置いたままにしておくので、必要な時にすぐに出てきません。当然片付けも苦手で、机の上も引き出しの中も、床の上も、いつも物が散乱しています。
私が何度「大事なものは大事なもののように扱いなさい」と注意しても改善されないのは何故でしょう。。。
ついこの間まで大事にしていたはずの物も、興味が薄れると「もういらない」と簡単に手放す点も理解に苦しみます。

一方Appleは、捨てられないタイプ。
保育園で絵を描いた紙、ぐしゃぐしゃ(のように見える)に折った折り紙、はさみで切り刻んだ紙の残りかす(のように見える)、全て捨てられず、トレジャーBOXへ。時には「ママにプレゼント」と持ってきますが、正直迷惑です。Appleが忘れた頃にこっそり不要そうな物を捨てても、抜き打ちでゴミ箱チェックをするので、自分の許可無しで捨てたものを発見したときは大騒ぎ!

どちらも散らかしっぱなしで片付けられない点は似ていますが、物に対する執着が全く違います。同じように育てているつもりなのに、どうしてこんなに差が出るのでしょう。

思えば夫はTeddyタイプ、私はAppleタイプ(片付けはちゃんとやっているつもりですが)。
こんな性格も遺伝するものなんでしょうかねぇ。
[PR]

by takekuraemi | 2010-05-19 14:16 | Apple成長記

<< アルプスの少女ハイジ     手芸の日々 Ⅱ   >>