Jazz Dance

懸賞 2004年 11月 29日 懸賞

実は、10月からジャズダンスを習っています。日本ではバレーさえ習ったことがなかったのですが、ずっと憧れていたので「LAに行ったら絶対にジャズダンスを習う!」と決めていたのです。ずっとそのチャンスを狙っていたのですが、たまたま今年の秋学期は昼間にビギナー向けのコースがあったので、思い切って申し込んでみました。
日本では30歳過ぎてジャズダンスを始めるなんてこっぱずかしいけど、アメリカなら恥も外聞も関係ないような気がして始めやすかったというものあります。

料金も安い!UCLA関係者なら、年会費$50でジムの設備を使い放題。ジャズダンスは、週2回×8週分(計16回)でたった$17。1レッスン約$1です。

でも、UCLAのキャンパス内のジムでやるので、周りはみんな20代前半の学生ばかり20人くらい。こればかりは致し方ありません。

インストラクターのTracy は、まるで女優のような超美人。ダンスをしている彼女は超カッコイイです。ひょっとして誰か有名人のバックダンサーとして踊っているのかも。

さて、レッスンではどんなことをするかというと、1時間30分のレッスンのうち、45分はストレッチなどで体を十分ウォームアップさせます。普段使わない筋肉を伸ばすので、結構キツイですが、硬かった体が軽くなった感じがします。肩凝りにも効きそう。

そしてステップやターンの練習(私はいつも目が回ってしまう)。b0001326_1716201.jpg

最後に、ノリノリの曲に合わせてダンスの振り付けを覚えます。2~3レッスンで1つの曲を仕上げるので、1回でも休むと分からなくなってしまいます。

やはり年齢の違いによるものなのか、若い子は覚えるのが早い(おっと、ついおばさん口調になってしまった)!私なんて覚える先からすぐに忘れてしまうのに、他の子はちゃんと次の振り付けを覚えていて通しで踊れるんです。私は先生の言うことがきちんと理解できていないから、と語学力のせいにしたいところですが、やはりそればかりではないのかも。悲しい現実を突きつけられたような気分です。それに、ターンにしてもちょっとした動きでも、やはりダンスの基本はバレーなのだと実感しました。

それでも、音楽に合わせて踊るのは気持ちのいいものです。
秋学期のレッスンは残すところあと1回。
来年はまた Jazz Dance のビギナーコースを取るか、中級 コースを取るか、エアロビクスをやってみるか、まだ決めていませんが、LAにいる間に十分運動して健康になっておこうと思っています。
[PR]

by takekuraemi | 2004-11-29 23:42 | Sports

<< 英会話レッスン   キャンドルホールダー >>