バイバイ しまじろう

懸賞 2009年 03月 14日 懸賞

先週の土曜日、初めて溝ノ口のしましまタウンにAppleを連れて行きました。
今月末で閉店してしまうということで、慌てて連れて行ったのです。

オープンと同時に入ったので、入り口ではしまじろうがお出迎え。Appleもさぞかし喜ぶかと思ったら・・・巨大なしまじろうの着ぐるみが怖かったらしく、固まっていました。
折角のショーも遠目に見つつ、ボールプールやお店屋さんごっこ等を1人で静かに楽しむAppleでした。
b0001326_1556132.jpg

b0001326_15563220.jpg

b0001326_16112883.jpg


さて、このしましまタウン、閉店が近いし、土曜日なので混雑を予想して、オープンと同時に入ったものの・・・さほど混んでいる印象はありませんでした。90分パックを買って親子で2,300円。
誕生日に連れて行ったアンパンマンミュージアムの方がずっとスペースも広く、遊具もショーも充実していて施設自体も綺麗。しかも時間制限なく遊べて料金も安い。どの点を取ってもアンパンマンミュージアムの方に軍配が上がります。

同じBenesse社が運営するTVチャンネル、Benesseチャンネルも3月末で放送終了とのこと。「しまじろう」の英語放送やABCを基本から学べる番組など、質の高い番組が多かったので、毎日欠かさず見ていたのですが、とても残念です。
しましまタウンの閉店も、TV放送の終了も、昨今の不況を受けての結果なのでしょうか。

ここ半年で急に不況ムードに陥っている世界経済。
大企業の決算見込みが発表されるたびに、状況の厳しさを感じます。近所のクリーニング屋さんやケーキ屋さんがいつの間にか無くなっているのにも気づくことが多くなりました。

自由が丘やたまプラーザ、ラゾーナ川崎に出店していたフランス資本のDPAMという子供服のお店も閉店してしまいました。。カラフルでデザインも可愛いので私のお気に入りのお店でしたが、、、各店とも相次いで閉店。日本撤退なのでしょうか?(涙)

厳しさはここ数ヶ月で、私たちの実生活にも目に見える形で具体的に現れてきていること実感します。
地球の裏側の国で起こった金融機関の破綻が、こんなにも急に世界中に広まるなんて、本当に驚きです。いかにアメリカ中心に世界経済が回っていたかを思い知らされました。
仕事を失い、大変な思いをされている方も沢山いらっしゃるとのこと。早くこの状況から抜け出して、良い方向に向かうことを祈るばかりです。
[PR]

by takekuraemi | 2009-03-14 16:25 | Apple成長記

<< 手作りホワイトデー   afternoon tea @... >>